雨戸 → シャッターリフォーム

リフォーム1 before

リフォーム1 after

毎日の開閉が大変だった雨戸も、シャッターをつければ楽々開閉できます。


床の貼りかえ

リフォーム2 before

リフォーム2 after

床を貼りかえるだけで、お部屋の印象はがグッと変わります。
傷がつきづらく掃除も簡単な床材も増えていますので、床のリフォームもおすすめです。

フジトモの制震リフォーム

耐震ではなく、制震

静岡に住む人ならば誰もが気にする「地震」
フジトモでは耐震では無く、「制震」リフォームに力を入れています。

阪神・淡路大震災では死亡原因の8割が建物の崩壊や家具の転倒に伴う圧死。

阪神・淡路大震災では、何千人もの尊い命が失われました。
その死亡原因の約8割が建物の倒壊や家具の転倒に伴う圧死といわれています。
特に、1981年の耐震基準強化以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に大きな被害が出ており、古くなればなるほど被害率が高くなっています。

写真:阪神大震災

つまり、地震で圧迫しする人の数を減らすためには、弱い建物や施設の耐震補強を行うことが重要です。

地震対策には耐震・制震・免震の3工法があります。

一見すると免震が良いようですが…。

耐震とは

建物の骨組みなどを強化し地震の揺れに対し建物の崩壊を防ぎます。
建築基準法が示す『最低限の基準』も耐震の考え方となっています。

制震(Hiダイナミック制震工法)とは

地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくく揺れを低減する仕組みです。
それにより揺れをしっかり抑えます。

免震とは

地震の衝撃(揺れ)を吸収し、地震のエネルギーを建物に伝わりにくくする仕組みです。

耐震

耐力壁を増やしたり、接合部を固めて建物の骨組みで地震に耐える工法。大きな地震には、建物の骨組みを損傷させてエネルギーを吸収する仕組み。

制震

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置が建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減する仕組み。

免震

基礎部分に免震装置を入れて建物と地盤を切り離し、大地震の振動を建物に伝えにくくする仕組み。

オイルダンパを用いた制震技術で地震による住宅の損傷を最小限に抑えます。

Hiダイナミック制震工法について

ビル向け制震用オイルダンパで培った制震技術と自動車用ショックアブソーバの量産技術を応用した住宅用制震工法がHiダイナミック制震工法なのです。

ビルの地震対策として導入されているオイルダンパを小型化。壁面に設置
オイルダンパは低温域から高温域まで安定して動作。温度による性能変化が小さい!
密閉された機構なのでメンテナスフリー。
大地震時の建物の変形を吸収することで、柱・梁・壁等の負担を軽減。特に余震を伴う繰り返しの揺れに対し効果を発揮します。

*Hiダイナミック制震工法に使用するオイルダンパは直径寸法44mm。

  • 写真:オイルダンパ1
  • 写真:オイルダンパ2
  • 写真:オイルダンパ3

高い制震効果を発揮

3次元振動実験の様子を動画でご紹介。
阪神・淡路大震災クラスの揺れを約70%抑える高い制震効果を発揮。

3次元振動実験の様子
4畳半程度の在来木造軸組み工法により建てられた1階建物に、阪神・淡路大震災の揺れを再現した振動実験を行いました。その結果、最大約70%の制震効果が確認できました。

https://www.youtube.com/watch?v=IgbG08YylnU
積木の藤友建築